PR:

ヤクルト、ブルペン捕手新田と育成契約「何かあったときのため」

 ヤクルトは24日、14年に現役引退して今季はブルペン捕手を務めていた新田玄気捕手(34)と育成契約を結んだと発表した。背番号は104。捕手に故障者が相次ぎ2軍戦のメンバーが不足していたためで、小川SDは「もし何かあったときのため。位置づけはあくまでもブルペン捕手」と説明した。

 新田はこの日、イースタン・リーグの日本ハム戦にベンチ入り。出場はなかったが「体は元気なので、少しでもお役に立てたら」と話した。

 ヤクルトは15年にも故障者続出を受け、打撃投手兼スコアラーだった阿部健太投手が育成で復帰して外野手として出場したことがある。

[ 2017年6月25日 06:11 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月16日15時〜16時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム