PR:

立大 7回6点逆転!59年ぶり白星 ミスター背番3笠松がダメ押し打

全日本大学野球選手権第3日・2回戦   立大6―2富士大 ( 2017年6月7日    東京ドーム )

<富士大・立大>7回1死満塁、三塁線を破る2点二塁打を放つ立大・笠松
Photo By スポニチ

 2回戦から登場した51年ぶり出場の立大が、富士大に6―2で逆転勝ちした。大学選手権の白星は連覇を達成した1958年以来、59年ぶり。0―2の7回に今秋ドラフト候補の笠松悠哉内野手(4年)の2点打などで6点を挙げた。国立大で唯一出場する和歌山大なども8強入りした。

 無類の勝負強さを発揮したミスターのように――。立大の背番号「3」笠松が東京六大学打点王の意地を見せた。7回、大東の同点2ランの後に押し出し死球で1点を勝ち越し、なおも1死満塁。三塁線を破る2点適時二塁打でダメ押しした。「(押し出し死球を出して)自滅気味のところにつけ込んで大量得点につなげられた」と笑顔を見せた。

 今春から背番号を5から3に変更。理由は大先輩の長嶋茂雄氏(巨人終身名誉監督)だ。立大・長嶋の時代の六大学は背番号制を採用していなかったが、巨人で永久欠番となるなど「3」は長嶋氏の代名詞。「自覚と責任を持つために。やったるぞ、という気持ちでつけた」と明かす。

 長嶋氏が4年時に「4番・三塁」で活躍した57年に大学選手権優勝を果たし、翌年に連覇を達成した。今年の「4番・三塁」を担う笠松は「もちろん優勝を狙う」と宣言した。 (東尾 洋樹)

 ▼立大・大東(7回同点2ラン。6回までに12三振の流れを変える)打った瞬間に入ると思った。

[ 2017年6月8日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月19日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム