PR:

和歌山大、悲願の初優勝!奈良学園大V15でストップ

近畿学生野球春季リーグ第5節2回戦   和歌山大4―0奈良学園大 ( 2017年5月17日    南港中央 )

初優勝を決め、歓喜の和歌山大の選手たち
Photo By スポニチ

 和歌山大が奈良学園大破り、勝ち点4とし、優勝を決めた。和歌山大の優勝は1950年(昭和25)の連盟加盟以来初めて。2009年秋季から連続優勝していた奈良学園大を15連覇で止めた。和歌山大は6月5日に開幕する第66回全日本大学野球選手権(神宮など)に初出場する。

 和歌山大は2回、四球を足場にした2死二塁から土田佳武(1年=山梨学院)の中前打で先制。3回には四球、犠打野選から1死二、三塁とし、主将・眞鍋雄己(4年=高川学園)の二ゴロの間に加点。9回には敵失でだめ押しの2点を加えた。先発の右腕・貴志弘顕(2年=桐蔭)が7回を3安打無失点と好投。左腕・野山純一(3年=鳥取西)とのリレーで零封した。

 和歌山大は和歌山県下唯一の国立大。硬式野球部の創部は和歌山経済専門学校当時の1924年(大正13)。50年秋に近畿学生野球連盟に加盟した。2部、3部降格の苦しい時期を乗り越え、2012年秋に1部復帰。昨年秋には65年ぶりの2位となるなど、着実に力をつけてきた。

 3部降格後の2008年に就任した大原弘監督(51)は悲願の初優勝に「感謝と感激で夢のようだ」と声を震わせた。

[ 2017年5月17日 15:04 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月23日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ