PR:

阪神「常識破り」の快進撃――最多失策を補う「バウンスバック」

6日の広島戦の7回2死一、二塁、糸原の右前適時打で生還した中谷をハイタッチで迎える阪神ベンチ
Photo By スポニチ

 【内田雅也の広角追球】阪神が野球の常識を覆す快進撃を見せている。ホーム・ビジターで全5カードの対戦を終え、30試合で何と30失策。飛び抜けてセ・リーグ最多だが、立派に首位に立っている=記録は5月8日現在。以下同=。

 1試合に1個、シーズン143失策ペースというのは異常だ。守備力が向上し、グラウンドが整備され、グラブの性能も進歩した1970年代以降のプロ野球ではあまり例がない。わずかに2003年のオリックスがシーズン132失策が見られる程度だ。この年、チームは優勝したダイエー(現ソフトバンク)に33・5ゲーム差をつけられての最下位だった。

 守備力と順位はおおむね正の相関関係にある。堅固な守備陣の上に勝利が輝く、というのが定説となっている。

 それでもリーグ最多失策で優勝した例はある。

 最近では2011年の中日がリーグ最多失策で優勝を果たした。ただ、この年はリーグ平均守備率が9割8分7厘と高く、中日の失策数も83個と少なかった。リーグ最高の防御率2・46という強力投手陣の足を引っ張るほどではなかった。

 パ・リーグでは2008年の西武が最多98失策で優勝。チーム198本塁打は2位のオリックス152本に大差をつけて最多。他チームを圧倒する攻撃力があった。

 他に2リーグ分立後、最多失策で優勝した例はセで60年大洋(現DeNA)、74年中日、82年中日、88年中日、パで67年阪急(現オリックス)、72年阪急、76年阪急、78年阪急、89年近鉄、95年オリックスがある。

 では、先の中日の投手力や西武の攻撃力ように、今季の阪神は何が弱い守備力を補っているのだろう。チーム打率2位、本塁打数5位、防御率2位……など、特筆すべき数字は見えない。あえてあげれば、救援陣の防御率2・13がリーグ最高で、桑原、マテオ、ドリスらの必勝継投が確立されている点だろうか。

 いや、数字には表れ出ない特徴に「反発力」がある。ミスを取り返す力と言えばいいだろうか。

 たとえば、球団史上最多9点差を逆転で勝った5月6日の広島戦(甲子園)では、6回表まで3失策。この時点で1―9だった。ところが、2失策の中谷が6回裏に死球と7回裏に左前打、1失策の原口が押し出し四球を選ぶなど、攻撃面で逆転に貢献して見せた。

 その前日5日の広島戦(甲子園)も0―4からの逆転勝利だったが、3日ヤクルト戦(神宮)でバント失敗するなど、1軍生き残りが危うかった江越が起点の四球(今季初出塁)を選び、打線に火をつけた。

 こんなことが実に多いのだ。ミスを取り返す力について、スポニチ本紙評論家の広澤克実さんが自身のブログ『トラさんのちょっと虎話』で書いている。まだ開幕3連戦を終えたばかりの4月3日の投稿で、いわば予言していたわけだ。

 <よく「野球はミスをした方が負け」という言葉を耳にする。実際はミスをしても勝つことはある。正しくは「ミスを取り返せない方が負ける」と思っている。野球にミスは付き物だ。重要なのはそれらを取り返せれば、何の問題もない>。

 広澤さんはゴルフ用語「バウンスバック」も持ち出していた。ボギーか、それより悪いスコアで上がったホールの直後のホールで、バーディーかそれよりいいスコアをマークすることをいう。

 <今年のタイガースはミスをしないチームではなく、ミスをすぐに取り戻せるチームになって欲しい。若い選手が多いチームだ。ミスをするな、と指導するより、ミスを取り返せとハッパを掛ける方が彼らにとっては良いはずだ>。

 確かに、開幕前、高代ヘッドコーチは「ミスを責め立てる言い方をすると縮こまってしまう」と語っていた。「発展途上のチームだ。思い切って可能性にかけてみたい」。ミスに若さの可能性とみていたのだ。

 金本監督も試合後、ミスについての質問に「それはもういい」「多少は大目に見ている」と寛容に構えている。

 大リーグには「ミスをするのは選手。それを許すのがファン」ということわざがある。阪神首脳陣はただミスに目をつぶっているだけではない。バウンスバックは元もと「跳ね返る」という意味だ。「跳ね返り野郎」たちの反骨心が快進撃を支えていた。 (編集委員)

 ◆内田 雅也(うちた・まさや) 1963年2月、和歌山市生まれ。桐蔭高(旧制和歌山中)時代はノーコンの怪腕。慶大卒。85年入社。大阪紙面のコラム『内田雅也の追球』は11年目。軟式少年野球でコーチを務め「敗戦や失敗から学ぼう」と伝えている。今春の大会で最終回、逆転サヨナラ負けを喫し、子どもたちは泣き、大人たちは痛飲した。

[ 2017年5月10日 09:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ