PR:

デスパ決めた!延長12回サヨナラ犠飛 ソフトバンク4連勝

パ・リーグ   ソフトバンク4―3楽天 ( 2017年4月21日    ヤフオクD )

<ソ・楽>12回1死満塁、サヨナラ犠飛を放ったデスパイネ(左から3人目)はナインと抱き合って喜ぶ
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが今季初のサヨナラ勝ちで首位・楽天を下した。3―3の同点でもつれ込んだ延長12回、楽天・青山から先頭の中村晃が中前安打で出塁し、続く今宮が送りバント。柳田と代打・長谷川の四球で1死満塁のチャンスを作り、今季ロッテから移籍したデスパイネが中犠飛でサヨナラ勝ちを決めた。これでソフトバンクは連勝を4に伸ばした。

 打線はこの日、楽天の先発・釜田に4回まで無安打に抑えられたが、6回に2死から1番・中村晃が四球で出塁。続く今宮が三塁内野安打で2死一、二塁とつなぎ、楽天2番手・ドラフト9位ルーキー高梨から柳田が四球を選んで2死満塁としたところで、楽天3番手・福山から内川が左前への2点適時打で1点差。デスパイネの四球後に不振の松田が左前適時打を放って同点に追いついた。7回以降は両者チャンスを作るもあと1本が出ずに延長12回表まで0が続いたが、最後の攻撃でキューバの主砲が確実に点をもぎ取った。

 一方、楽天の先発・釜田は通算11試合で0勝4敗と苦手な相手に5回2/3を2失点と試合を作ったが、ソフトバンク戦初勝利はお預けとなった。

[ 2017年4月21日 23:21 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ