PR:

守備で落球…東洋大・田中将也 汚名返上の「人生初」サヨナラ打

東都大学野球第3週第2日   東洋大8―7亜大 ( 2017年4月19日    神宮 )

<東洋大・亜大>サヨナラ打を放ち、ガッツポーズする東洋大・田中将也(左)
Photo By スポニチ

 2回戦2試合が行われ、東洋大が延長サヨナラ勝ちで亜大に連勝し、今季初勝ち点を挙げた。10回2死一、三塁から田中将也内野手(4年)が右前へサヨナラ打を放った。第2試合は国学院大が延長10回の末、日大を6―5で下して1勝1敗のタイとした。

 「人生初」のサヨナラ打で汚名返上した。田中将也が延長10回2死一、三塁から右前へ。打撃戦を制したヒーローは「今季初めての勝ち点は大きな価値がある。最後にああいう形で出て良かった」と頬を緩ませた。

 帝京時代に主将を務めた三塁手。昨秋リーグ戦では同じ亜大との3回戦で4―3の9回2死満塁から逆転される2点適時失策を犯し、チームもこの敗戦で勝ち点を落とし優勝争いから後退した。この日も0―1の2回に飛球を見失って落球(記録はファウル)。この日、リーグ戦初先発した昨春センバツ優勝投手の村上(智弁学園)がその後2点を失い、1回2/3で降板する一因となった。それだけに「足を引っ張っていたので決めてやると思っていた」と副将としての責任感をにじませた。

 ▼東洋大・村上(リーグ戦初先発も1回2/3を3失点)いい勉強になりました。

[ 2017年4月20日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月19日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム