PR:

マー君今季初勝利 青木2戦連続マルチ イチロー先発出場も音なし

カージナルス戦に先発したヤンキースの田中 (AP)
Photo By AP

 メジャーリーグは14日(日本時間15日)に各地で全15試合が行われ、ヤンキースは先発した田中が6回1/3、5安打3失点の内容で今季初勝利を挙げた。

 田中は開幕から3試合目の先発登板でようやく白星。初回にいきなり2ランを浴びたが、その後は立ち直り、3回途中からは打者10人連続で凡退に切って取る快投を見せた。

 アストロズの青木は4打数2安打2打点と活躍。「9番・左翼」でスタメンに名を連ね、5回の第2打席に右越え1号ソロ、続く6回の第3打席では適時内野安打を放ち、2試合連続のマルチ安打を記録した。青木はこれでメジャー通算688安打。日米通算2000安打まであと28本に迫った。チームは7―2でアスレチックスに勝利。

 マーリンズのイチローは「7番・右翼」で今季初の先発出場も4打数無安打。中飛、投ゴロ、中飛、空振り三振という内容で快音が聞かれることはなかった。チームは3―2でメッツにサヨナラ勝利を収めた。

 ナショナルズは3―2でフィリーズにサヨナラ勝利。延長10回にマーフィーの適時二塁打が飛び出し、試合にピリオドが打たれた。ブルージェイズは4―6でオリオールズに敗れ、泥沼の7連敗。2年連続でプレーオフに進出しているブルージェイズだが、今季は開幕からここまで1勝9敗と苦戦が続いている。ブレーブスは新本拠地サントラスト・パークでのオープニングゲームを勝利で飾った。

<14日の結果>

▽ナ・リーグ:パイレーツ4―2カブス、ナショナルズ3―2フィリーズ(延長10回)、ブルワーズ10―4レッズ、マーリンズ3―2メッツ、ブレーブス5―2パドレス、ドジャース7―1ダイヤモンドバックス、ジャイアンツ8―2ロッキーズ

▽ア・リーグ:オリオールズ6―4ブルージェイズ、タイガース7―6インディアンス、レイズ10―5レッドソックス、ホワイトソックス2―1ツインズ、ロイヤルズ7―1エンゼルス、アストロズ7―2アスレチックス、マリナーズ2―1レンジャーズ

▽インターリーグ:ヤンキース4―3カージナルス

[ 2017年4月15日 15:02 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:02月24日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム