PR:

中大・鍬原が乱調2回4失点…9回に3本塁打で猛追も及ばず

東都大学野球第1週3回戦   中大7―12日大 ( 2017年4月6日    神宮 )

6日の日大戦で2回4失点と乱調だった中大・鍬原
Photo By スポニチ

 中大は1―12の9回に小野寺、大工原、吉田が本塁打。76年の亜大以来41年ぶり4度目となるリーグ最多タイの1イニング3本塁打の猛攻を見せたが、6点止まり。中盤までの失点が重くのしかかり、3本目を放った吉田は「記録は知らなかった。負けを認めて練習していきたい」と笑顔はなかった。

 4日の1回戦で完封しながら、この日は2回4失点の乱調だった鍬原も「こういう結果になり責任を感じる」と力なく話した。

[ 2017年4月7日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ