PR:

初出場の呉、2回戦へ 池田が160球の力投「最後は気持ちで投げた」

<至学館・呉>呉・先発の池田
Photo By スポニチ

 春夏通じて初出場の呉が先発・池田の力投で甲子園初勝利を飾った。

 呉は打線が粘りを見せ、9回に2本の適時打で4―4の同点。12回にはけん制悪送球のミスなどで2得点を挙げ、至学館との初出場対決を制した。池田は160球を投げて12回を完投。試合後には「疲れました。最後は気持ちで投げていた」と満面の笑顔を見せた。3失点以内を目標にしていたものの、結果は5失点。「他のチームメートに感謝したい」と6得点を奪った味方打線に頭を垂れた。

[ 2017年3月19日 14:07 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月27日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ