PR:

山田が2発!侍J キューバ下し無傷5連勝 準決勝進出へ大きく前進

WBC2次ラウンドE組   日本8―5キューバ ( 2017年3月14日    東京D )

<日本・キューバ>8回2死一塁、山田は2ラン
Photo By スポニチ

 世界一奪還を目指す侍ジャパンは14日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンドE組第2戦に臨み、東京ドームでキューバと対戦。3度勝ち越されながら8回に山田の2ランなどが飛び出し8―5で逆転勝ち。1次ラウンドから無傷の5連勝となり、準決勝進出へ大きく前進した。

 初回、山田の先頭打者本塁打で先制したものの、2回に先発・菅野がグラシアルに2ランを浴び逆転を許した。3回は先頭の山田が左翼線二塁打で出塁。内野ゴロの間に三進し、4番・筒香の中前適時打で同点に追いついた。4回には菅野が3本の安打を浴び走者をため、2死までこぎつけたもののメサに2点適時打を許し勝ち越された。

 2点を追う5回、9番・小林が左前打、山田が四球で出塁し、2番・菊池が犠打で送り1死二、三塁に。3番・青木の二ゴロで1点追加し、筒香の2打席連続となる中前適時打で同点に追いついた。6回から登板した増井がアラルコンの左前適時打で勝ち越しを許したが、その裏に7番・松田、8番・秋山が振り逃げと四球で出塁し、9番・小林が初球を左前へ運び再び同点に追いついた。

 同点で迎えた8回、失策で松田が出て秋山の左前安打で1死一、三塁。前の打席で適時打を放っている小林に代わって登場した内川が右犠飛を放ち勝ち越しに成功した。さらに続く山田がこの日2本目となる本塁打を左翼席へ叩き込み、試合を決定づけた。

 勝ち越した直後の9回は守護神の牧田が登板。危なげなく三者凡退に封じ込めた。

 2次ラウンド2戦全勝となった日本は15日、イスラエルと対戦する。イスラエルは昨年9月の予選から2次ラウンドのキューバ戦まで7連勝をマーク。オランダに2―12で敗れ連勝はストップしたものの、侮れない相手だ。 WBC

[ 2017年3月14日 22:35 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月18日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム