PR:

侍ジャパン投手陣 10球ごとに新球使用 滑りやすいWBC球対策

侍ジャパン強化合宿 ( 2017年2月24日    宮崎市・宮崎県総合運動公園 )

ブルペンで権藤コーチ(左)からボールを受け取る則本
Photo By スポニチ

 滑りやすいWBC球対策で、ブルペンでは侍ジャパン・権藤投手コーチが各投手が約10球を投げるごとに新球を手渡した。

 本番ではファウルの後など、頻繁に行われる新球への交換を想定。同コーチは「同じボールを使い続けると、手になじんでしまうので替えました」と説明。39球の投球練習で2度交換した宮西は、いずれも新球での初球に武器のスライダーを投じ「実戦で慌てないように練習できました」と話した。 WBC組み合わせ

[ 2017年2月25日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月29日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム