サブカテゴリー

PR:

巨人・重信の二塁挑戦 井端コーチ“逆転の発想”「ゴロは右足の前で捕れ」

追球・17’新技

井端内野守備走塁コーチ(左)の指導を受ける重信
Photo By スポニチ

 本職が外野の巨人・重信が2年目の今季は二塁の練習にも取り組んでいる。この日のアーリーワークでも、ゴールデングラブ7回を誇る井端内野守備走塁コーチから付きっきりで指導を受けた。注目すべきは右足だ。

 右投げの内野手がゴロを捕球する形は、左足を前に出すことが基本とされる。捕球後に右足を左足側にステップすることで、次の送球動作への移行がスムーズになるためだ。ところが、名手からの教えは、逆の発想だった。その極意は「右足の前で捕れ」――。

 「難しいですけど、イメージは右足の前で捕りたいので。その方が体の中心で球を捕れる」。左足が前に出ると、自然と体の左側で捕球することになるが、正面にグラブを差し出した方が柔らかく使える利点がある。まずは、投げる動作を意識し過ぎず、しっかり捕球することに重点を置いた練習。捕球を井端コーチが実演する場面もあり、じっと目を凝らした。

 キャンプではバットを振り込みながら、守備力アップにも励む。「まだまだですけど、頑張ります」と、名手の極意を習得し、競争の激しい二塁のポジションをつかむ。 (川島 毅洋)

[ 2017年2月6日 09:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      スコア速報

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ