PR:

松坂、4回6安打2失点 WLで3度目の先発登板

プエルトリコのウインターリーグで3度目の先発登板に臨んだ松坂
Photo By 共同

 右肩手術からの完全復活を目指すソフトバンクの松坂大輔投手は20日、米自治領プエルトリコのウインターリーグ、カロリナの一員として敵地でのサントゥルセ戦で3度目の先発登板に臨み、4回を6安打2失点、3三振1四球だった。チームは1−4で敗れ、松坂に黒星が付いた。

 このリーグで首位を快走するチームを相手に、松坂は1回1死二塁のピンチは切り抜けたものの、1−0の2回に1死から3安打を浴びてしまう。続く3回には先頭打者に右中間二塁打を食らい、1死二、三塁からの犠飛で勝ち越しを許した。

 プエルトリコでは、ノーワインドアップから打者の手元で微妙に動くボールを駆使する投球にこだわっている。右打者の内角を徹底的に攻めるも、この日は詰まった当たりがヒットになるなど不運も重なった。

[ 2016年12月21日 09:43 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月20日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム