PR:

プロの貫禄!埼玉アストライアら3チームが準決勝進出

スポニチ後援第6回女子野球ジャパンカップ第3日・準々決勝 ( 2016年10月30日    ほっと神戸 )

<神村学園・埼玉アストライア>3安打5打点と活躍した埼玉アストライア・出口
Photo By スポニチ

 準々決勝の残り3試合が行われ、女子プロチームがそれぞれ進出した。

 兵庫ディオーネは坂東―村田のリレーで完封勝利。京都フローラは小西美が無四球完封で寄せ付けず、埼玉アストライアは15得点と打線が爆発した。3安打5打点の埼玉・出口は「プロの意地ももちろんありました」と振り返りつつ、「でも、高校生の力強い打撃や走塁で見習う部分が多かった」と続けた。既に準決勝進出を決めている神戸弘陵を含む4チームが、31日にほっと神戸で準決勝、決勝を戦う。

 ▽準々決勝
京都外大西
 000 000 0─0
 100 201 X─4
兵庫ディオーネ
 (外)北浦―野下
 (兵)坂東、村田―寺部

福知山成美
 000 000 0─0
 100 050 X─6
京都フローラ
 (福)阪口、黒長―増井、坪井
 (京)小西美―秋山

埼玉アストライア 055 5─15
神村学園     010 0─1
 (埼)宮原、谷山―今井
 (神)早崎、今井―金城

[ 2016年10月31日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月14日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム