PR:

由伸監督「私の力がなかった」早すぎる今季終戦

セ・リーグCSファーストS第3戦 ( 2016年10月10日    東京D )

<巨・D>ファーストステージ敗退しファンにあいさつする(右から)阿部、高橋監督、長野、村田、坂本(手前)
Photo By スポニチ

 引き分けでも突破の延長戦を守りきれず5年ぶりのファーストS敗退で終戦。巨人・高橋監督は「総力戦で一歩、及ばなかった。一生懸命、戦ってくれたし、結果的に私の力がなかったのかなと思う」と潔く責任を背負った。

 2番手・大竹寛の好投などで持ち込んだ延長戦。第2戦でマシソンに抑え役を譲った5番手・沢村を10回から投入したが、2イニング目の先頭・倉本の打球を右足甲に当てて降板し、内野安打で残った走者を田原誠が還された。9回にはけん制死、11回はバント失敗。短期決戦で致命傷な攻撃のミスに「そうしたところが勝負を分けるのかなと強く感じた」とした。

 就任1年目。誤算が続いた。阿部が右肩を痛めて捕手復帰は実現せず。ギャレットは安定を欠き、クルーズも規律に従えずCS登録メンバーから外れた。投手陣は昨年13勝のマイコラスが出遅れ、ポレダは1勝止まりと外国人選手も精彩を欠いた。ドラフト1位・桜井の登板は1試合だった。

 駒不足に耐え、静の姿勢でシーズン2位。短期決戦では、最善を尽くして動いたが敗れた。試合後のミーティングではナインに「悔しさを糧にして今からスタートを切って頑張ってほしい。来年は今から始まっている」と告げた。17日から始める秋季練習、さらにキャンプで来季へと動きだす。(春川 英樹) 試合結果

[ 2016年10月11日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月24日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム