PR:

清原被告に有罪判決 懲役2年6カ月、執行猶予4年 保護観察なし

清原和博被告

 覚せい剤取締法違反罪に問われた元プロ野球選手清原和博被告(48)の判決公判が31日に開かれ、東京地裁(吉戒純一裁判官)は懲役2年6カ月、執行猶予4年(求刑2年6月)の有罪判決を言い渡した。清原被告が求めていた保護観察付きにはならなかった。

 東京地裁は「野球界で社会的貢献をしてきた。犯情は悪質だが、事件の報道で社会的制裁を受けたことなど酌むべき事情がある」と指摘した。判決を言い渡された清原被告は傍聴席を向いて「このたびは申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

 清原被告は17日の初公判で「現役時代はストレスや不安を野球で解決できたが、引退後は解決方法がなくなり、薬物に負けた」と涙で声を詰まらせながら薬物に手を染めた経緯を説明。起訴内容については「間違いありません」と認めていた。また、弁護士が代読した父親の手紙に涙で聞き入り、情状証人の佐々木主浩氏(48)の「2回目はないと信じている」という訴えにハンカチを取り出して涙を拭うなど、約2時間の公判中、終始泣き続けた。

 清原被告は昨年9月1日ごろ、群馬県内のホテル客室で密売人とされる無職小林和之被告(45)から覚醒剤1・2グラムを8万円で譲り受け、今年2月に東京都港区のホテル客室で覚醒剤を使用し、同2日には港区の自宅マンションで覚醒剤約0・2グラムを所持したとして起訴された。

【事件の経過】
 ▼2月2日 警視庁が東京都港区の清原被告宅を家宅捜索。覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕
 ▼同4日 清原被告を所持容疑で東京地検に送検
 ▼同15日 清原被告に覚醒剤を譲り渡したとして警視庁が小林被告を覚せい剤取締法違反(営利目的譲渡)容疑で逮捕
 ▼同23日 東京地検が覚せい剤取締法違反(所持)の罪で清原被告を起訴。警視庁は同法違反(使用)容疑で再逮捕
 ▼同25日 清原被告を使用容疑で東京地検に送検
 ▼3月7日 東京地検が小林被告を覚せい剤取締法違反(譲渡)の罪で起訴
 ▼同8日 東京地裁が、清原被告の初公判を5月17日に開くと決定
 ▼同15日 東京地検が清原被告を使用の罪で追起訴
 ▼同16日 弁護人が東京地裁に保釈を申請
 ▼同17日 東京地裁が保釈を許可し、保釈保証金500万円を納付。保釈され、医療施設に入院
 ▼4月1日 東京地検が清原被告を譲り受けの罪で追起訴
 ▼同27日 小林被告初公判
 ▼5月9日 小林被告が保釈
 ▼同17日 清原被告初公判
 ▼同31日 清原被告判決公判 懲役2年6カ月、執行猶予4年

[ 2016年5月31日 13:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月16日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム