PR:

熊崎C 賭博の「自主申告」を促す特例措置を通知「固い決意に基づいたもの」

 プロ野球の熊崎勝彦コミッショナーは4日、野球賭博に関与した選手や関係者を対象に期間限定で「自主申告」を促す特例措置を、都内で行われた実行委員会に通知し、12球団から了解された。

 日本野球機構(NPB)の調査委員会の大鶴基成委員長(61)は「野球協約の範囲内でできるギリギリの措置。申告しようかどうか苦しんでいるのであろうし、苦しみから早期に解放してあげる必要性をコミッショナーがお考えになったということ」と説明。熊崎コミッショナーも「許される範囲内で、言いやすい環境を作ってやるべきではないか。この機会に有害行為を根絶したい。そういう固い決意に基づいたものです。関係者にはしっかり受け止めてもらいたい」と話した。

 同措置は関与を申告して無期失格処分を受けた者を対象とし「1年間経過後に善行を保持し、野球賭博常習者や反社会的勢力と関係を持たないなど、改悛(かいしゅん)の情が顕著である」選手に対し、1年間の失格に変更され、その時点で処分が解除される可能性をあらかじめ示したもの。特例措置はあす6日から25日までの期間に限定されている。
 野球協約では八百長行為を禁じる177条で永久失格、野球賭博や反社会的勢力との交際を禁じる180条で無期と1年間の失格処分が定められている。今回の特例は180条の無期失格を対象にしたもので、八百長による永久失格には適用されない。

 野球賭博問題では昨年、賭博を行っていたことが発覚した元巨人選手3人が無期失格処分を受けた。ことし3月に新たに高木京介投手の関与が判明したが、回数が少ないことや調査に協力的だったことを理由に1年間の失格処分となった。

[ 2016年4月4日 17:18 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月23日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム