サブカテゴリー

PR:

清原容疑者、留置所で夜泣き…23日勾留期限で起訴、再逮捕なし?

留置場内で夜よく泣いているという清原容疑者
留置場内で夜よく泣いているという清原容疑者
Photo By スポニチ

 覚せい剤所持容疑で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が、警視庁の留置施設で“夜泣き”していることが18日、分かった。

 捜査関係者は「留置場に戻った後、精神的にひどく落ち込んでいる。夜に、よく泣いていて、泣き声が留置場の部屋から漏れてきている」と話している。

 捜査関係者によると、清原容疑者は取り調べの際、ずっと下を向き、問い掛けに対してボソボソと聞き取れないような声で答えているという。覚せい剤が切れたことによる吐き気や発汗などの「禁断症状は出ていない」(捜査関係者)が、取り調べの最初と最後に嘱託医による診察を受けている。

 清原容疑者はすでに覚せい剤の所持・使用を認め「受け取った状況についても詳細な供述をしている」(捜査関係者)。ただ、入手先については依然として答えておらず「聞くと下を向いたまま黙り込んでしまう」という。

 警視庁は、清原容疑者が密売ルートの末端である密売人から覚せい剤を入手した経緯についてほぼ解明している状況。清原容疑者に覚せい剤を譲り渡した容疑で15日に無職小林和之容疑者(44=群馬県みどり市)を逮捕しており、今後は元締めや仲介人からの入手ルートの突き上げ捜査を進める。

 清原容疑者は23日に勾留期限を迎え起訴される。すでに認めている使用容疑で再逮捕される方向だ。ただ警視庁では、今後の突き上げ捜査に不可欠だった密売人を逮捕できていることから、背後組織の解明に清原容疑者の話を「これ以上聞く必要がなくなってきてはいる」(捜査関係者)との情報もある。勾留期限の延長が必要ないとの判断から、使用容疑での再逮捕がなくなる可能性もわずかながらあるという。

[ 2016年2月19日 05:35 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング

        ※集計期間:

        » 続き

        【楽天】オススメアイテム
        クイックアクセス

        スコア速報

        特集・コラム

        オススメ

        スペシャルコンテンツ