PR:

阪神・ヘイグ、右へ左へ存在感 愛妻来日中「精神的にリラックス」

<阪神紅白戦>3回、ヘイグは右前2点適時打を放つ

阪神紅白戦 紅組4―1白組
(2月11日 宜野座)
 待ち望んだ1本がついに飛び出した。3回の1死二、三塁。阪神・ヘイグのバットが快音を鳴らした。秋山の外角変化球を逆らわずしなやかに右前へ。勝負強さを見せた2点適時打は実戦形式8打席目での“来日初安打”だった。

 「感じは良かった。打席でのゲーム感覚が戻ってきている。結果は気にしていないし、シート打撃も悪いとは思っていなかった。結果が出るのはいいことだけどね」

 これが持ち味なのだろう。6回1死無走者の第3打席では歳内の直球を左前打。バットを大上段に構えるフォームは広島・エルドレッドばりに豪快でも、力任せに振るわけではない。手首を柔らかく使い、状況に応じて、右へ左へ広角に打ち分けた。

 昨年、3Aで打率・338、11本塁打92打点でリーグMVPを獲得し、177安打もリーグ最多。「勝負強い安打製造機」というアピールポイントを最初の紅白戦で見せつけた。

 密着チェックを続ける他球団の偵察陣も警戒を強めた。広島・玉山スコアラーが「練習より全然良い。実戦向き。軽打だったけど、ブンブン振り回すよりもああいう打撃は嫌」と言えば、巨人・樽見スコアラーも「3AでMVPを獲っただけはある」とこぼした。

 「広角に打てるのは自分にとって良いサイン。これからも調子を上げていきたい」

 キャンプ2度目の休日だった10日は新妻・エリカ夫人と残波ビーチをのんびり散歩。「こちらに来てくれているんで、精神的にもリラックスできているのかもしれない。しっかりサポートしてくれている」とのろけた。日本の環境にもどんどん適応しているナイスガイが本領を見せ始めた。(山添 晴治)

[ 2016年2月12日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月18日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム