PR:

筒香、ドミニカ打法サク裂!初実戦初打席初振1号 ラミ監督お手上げ

2回無死、4番に座った筒香は右中間席の中段にソロを放つ

DeNA紅白戦 紅組3―2白組
(2月11日 宜野湾)
 今キャンプ初実戦の初打席、それも最初のスイングだった。DeNAの紅白戦で白組の4番に座った筒香は2回先頭でスライダーを完璧に捉え、右中間席の中段にまで運んだ。打ったのは2年目左腕・石田。そして、ラミレス監督の配球も打ち崩した。

 「まだまだ体も切れていないし、結果は気にしていない。ただ、取り組んでいることは順調に来ている。自分の“間”に呼び込むことができた」

 カウント1ボール1ストライク。この場面で、ラミレス監督は三塁側の紅組ベンチから捕手・高城に対し、外角ボールゾーンにスライダーを要求した。筒香は「変化球は待っていなかった」と言うが、甘く入った球に自然と体が反応した。これこそが、昨年12月に参加したドミニカ共和国でのウインターリーグから取り組んできたノーステップに近い「すり足打法」の効果。7日の紅白戦でもベンチから配球のサインを出していた指揮官は「ストライクゾーンに入ると、筒香のような打者には打たれてしまう」とお手上げだ。

 筒香は「新打法というより、今までやってきたことを突き詰めて、まとまったのが今」と説明する。ウインターリーグでは、メジャー予備軍の投手が投げる強く、動く球を体感。昨季までの右足を高く上げる打法ではなく、すり足にすることで、軸のぶれがなくなり、ボールも最後まで見えるようになった。その成果をファーストスイングで証明したのだ。

 4回にも左翼線二塁打を放ち2打数2安打2打点。ラミレス監督は「前は足を上げすぎて、タイミングが合わなかったが、(今は)よりボールを見ることができている」とうなずいた。「これを続けて、実戦で微調整しながら良いスタートを切れるように開幕を迎えたい」と筒香。ハマの和製大砲は、まだまだ進化の途中だ。(中村 文香)

[ 2016年2月12日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月16日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム