PR:

西武の隠れ大砲アピール一発 駒月“チーム1号”で右翼獲り名乗り

ケース打撃で、左越え本塁打を放ち、笑顔を見せる駒月

 右翼の定位置を狙う「ダークホース」が、強烈なアピール弾を放った。西武の第3クール初日のケース打撃で、5年目の駒月が2死二塁の場面で左越え本塁打。実戦形式での柵越えはチーム1号となり「とにかく走者を還すことだけを考えていた。長所はアピールできた」と胸を張った。

 いまだ1軍出場はないが、初めて春季キャンプでA班(1軍)に抜てきされた。1メートル76と大柄ではないが、体重は94キロとガッチリした体形で「自分の武器は打撃。パワーで負けるつもりはない」。昨季はイースタン・リーグで11本塁打を放っており、田辺監督は「いい体をしている。パワーは魅力だね。紅白戦と練習試合で楽しみにしている」と期待を寄せた。

 右翼手候補は木村文、斉藤ら横一線で「僕にもチャンスはある。レギュラーが目標だけど、まずは開幕1軍を目指す」と駒月。初の対外試合となる20、21日の韓国・ロッテとの練習試合(南郷)にも出場予定で「とにかく打ってアピールするしかない。食らいついていく」とキッパリ。無名の「和製大砲」は5年目でのブレークに燃えている。(重光 晋太郎)

 ◆駒月 仁人(こまづき・ひとと)1993年(平5)4月21日、京都府生まれの22歳。塔南では1年夏から捕手としてレギュラーながら甲子園出場なし。高校通算24本塁打。11年ドラフト3位で西武入団。昨季は5月に打率.391でイースタン月間MVPを受賞した。1メートル76、94キロ。右投げ右打ち。

[ 2016年2月12日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月19日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム