PR:

台湾まさかの予選敗退 陽岱鋼は4タコ2三振

プレミア12予選ラウンドA組 台湾4―7プエルトリコ

(11月15日 台湾)
 台湾は勝てば決勝トーナメント進出が決まる大事な一戦で、プエルトリコ相手に延長12回、タイブレークの末に敗戦。キューバがイタリアに勝ったため、2勝3敗でよもやの予選ラウンド敗退となった。

 先発した西武・郭俊麟(カクシュンリン)が8回1失点と力投も打線がつながらず。1番・中堅の日本ハム・陽岱鋼(ヨウダイカン)も4打数無安打で2三振。救援投手が粘ったが延長12回に1点を勝ち越した直後、5番手の潘威倫(ハンイリン)が逆転サヨナラ満塁弾を被弾した。

[ 2015年11月16日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:04月20日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム