PR:

原監督 退任へ!CS敗退後、球団側に辞任申し出る

<ヤ・巨>阿部(左)、坂本(中)を労い、引き揚げる巨人・原監督

セ・リーグCSファイナルS第4戦 巨人2―3ヤクルト
(10月17日 神宮)
 巨人の原辰徳監督(57)が17日、CSファイナルステージ敗退を受け、今季限りでの辞任を申し入れたことが分かった。

 ヤクルト戦終了後に桃井恒和球団会長と会談。原監督は「この3年間、なかなか成績が上がらず、下降線をたどった。長年監督をやらせてもらった。そろそろ潮時」と話したもの。

 指揮官の去就について、球団はポストシーズンでの戦いぶりも見て総合的に判断する方針だったが、リーグ4連覇を逃し、逆転日本一を狙ったヤクルトとのCSファイナルS、第4戦(神宮)に2―3で敗れたことで、今季限りでの辞任を決断した。

 原監督は2001年から03年まで巨人の監督を務め、2005年から再び監督に就任。12年間の監督生活でリーグ優勝7度、3度の日本一に輝いている。09年には第2回WBC大会を指揮し世界2連覇も達成している。

 2年契約の2年目で契約満了となる原監督は、19日にシーズン終了の報告を兼ねて、白石興二郎オーナーに正式に辞意を伝える。

[ 2015年10月17日 21:31 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月28日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ