PR:

清宮、日本代表「4番」で存在感!創価大・田中から適時打

<高校日本代表・大学日本代表>初回2死三塁、清宮は中前適時打を放つ(投手・田中)

侍ジャパン壮行試合 U18日本代表2―9大学日本代表
(8月26日 甲子園)
 「第27回WBSC U―18(18歳以下)ワールドカップ」(28日~9月6日)の高校日本代表は26日、甲子園で大学日本代表との壮行試合を行い、1年生でただ一人メンバー入りした清宮幸太郎内野手(早実)が「4番・DH」で先発出場した。

 大学代表の先発は最速156キロ右腕の田中正義(創価大)。初回、2点を先行された高校代表はオコエ(関東第一)、篠原(敦賀気比)が連続三振に倒れた後、平沢(仙台育英)が右前打を放ち、右翼が後逸する間に三進。2死三塁で清宮が打席に入った。

 初球、153キロ速球はファウル。1ボールの後の3球目、148キロの速球に詰まりながらも中前に弾き返し、第1打席でいきなり適時打を放った。

 3回2死一、三塁で迎えた第2打席は、2番手の立大・沢田と対戦も四球。6回の第3打席も四球を選んで出塁した。8回には無死二塁で第4打席が回ってきたが、二ゴロに打ち取られ、この日は2打数1安打1打点だった。

[ 2015年8月26日 21:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月24日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム