PR:

広島・松山「優勝は諦めていない」 虎の子V打

<D・広>初回2死一、三塁、右前適時打を放つ広島・松山

セ・リーグ 広島1-0DeNA
(9月6日 横浜)
 広島・松山が初回に放った適時打が決勝点となった。

 2死一、三塁でモスコーソの初球をしぶとく右前に運んだ。大瀬良のプロ初完封を援護する一打に「積極的に振っていった」と納得の様子。首位巨人と3ゲーム差は変わらない。それでも松山は「優勝は諦めていない。少しでも力になれるようにしたい」と話した。

[ 2014年9月7日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月25日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム