PR:

原貢氏が死去 原監督の父、79歳 7月に「お別れの会」

原辰徳を指導する父の原貢・東海大相模監督=1975年

 巨人の原辰徳監督の父で、高校野球(三池工、東海大相模)の監督として2度の全国制覇を達成した原貢(はら・みつぐ)氏が5月29日午後10時40分、心不全のため神奈川県内の病院で死去した。79歳。佐賀県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行い、7月14日午前11時から東京ドームホテルでお別れの会を開く予定。

 今月4日に心筋梗塞のため、神奈川県内の病院に入院していた。

 原氏は1935年3月30日生まれ。佐賀県鳥栖市出身。鳥栖工卒業、立命館大中退。東洋高圧大牟田(現三井化学)を経て、三池工(福岡)監督に。甲子園初出場で初優勝へと導いた。その後、東海大相模(神奈川)の監督に就任。74年に長男・辰徳が入学し「父子鷹」として話題に。77年、辰徳進学とともに東海大監督となった。一度監督を退いたが再び指揮を執って96年に退任し、その後は東海大系列校野球部顧問などを務めていた。巨人の菅野智之投手は孫。

[ 2014年5月31日 23:32 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月23日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム