PR:

54本のバース氏 巨人捕手に「ごめん」と言われ事態悟った

現役時代のバース氏

 今から28年前。初めて本塁打のプロ野球記録更新が現実味を帯びたのがランディ・バース氏(59)だった。1985年に阪神で54本塁打を放った同氏が当時を振り返った。

 残り3試合の時点で54号を打ちプロ野球記録にあと1本に迫った。しかし、その試合後にチームメートからなぜか「記録には並べなかったな」と声を掛けられた。最後の2試合は記録保持者の王貞治監督率いる巨人。最初は同僚の言葉の意味が理解できなかったが、巨人の捕手に「ごめん」と言われ、事態を悟った。2試合で6四球と勝負を避けられた。

 戸惑いつつも憤りはなかった。「王さんは自分に非常に良くしてくれたし、彼の指示だとは思わない。今でも尊敬している。それに3冠王と日本シリーズ優勝を果たすこともできたのだから十分」と受け止めている。

 その上で「記録は破られるためにある。人種的な問題でもないと思う。破られたからといって王さんも誰も怒らないだろう」と新たな挑戦者にエールを送った。

[ 2013年9月11日 09:08 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月21日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム