PR:

中日 戦力外通告の久本から手痛い“恩返し” 最下位転落

<広・中>7回無死一、二塁、自打球を当てたクラークの状態を確認する中日・高木監督(中央)

セ・リーグ 中日2-3広島
(4月26日 マツダ)
 怒りよりもため息しか出てこなかった。中日は9四球をもらいながらも14残塁。4月16日以来の単独最下位転落だ。

 高木監督もお手上げだった。「大野は良かった。点を取ってりゃ、どうってことないのに」。昨季戦力外通告の久本に、5回で137球も投げさせながら初白星を献上。広瀬にはプロ野球新記録を達成させるなど、敵軍を助けてばかり。71歳監督の苦悩の日々は続く。

[ 2013年4月27日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月21日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム