PR:

涌井 練習に遅刻「大渋滞で…」 渡辺監督は怒り心頭

遅刻した西武・涌井(右)は打撃練習中の渡辺監督を待つ。左のサファテは状況を察したのかニヤリ

 西武の渡辺監督が涌井に怒りの喝!だ。前夜のロッテ戦(西武ドーム)で4点の援護をもらいながら6回途中2失点で降板した涌井が、26日の全体練習に約30分遅刻。渡辺監督は「きのうのきょうなんだから球場に一番乗りするくらいじゃないと。遅刻しているようじゃダメだよ」と怒り心頭だった。

 練習は午前11時からだったが、涌井は同30分すぎにグラウンドに現れた。ちょうど交流戦に向けた投手陣の打撃練習の最中で、打撃投手を務めていた渡辺監督の元へ一目散に駆け寄り平謝りし、杉本投手コーチら首脳陣にも謝罪して回った。涌井には罰金数万円が科される見通しで「10時30分ごろはもう球場に向かっていたけど、大渋滞で…」と歯切れが悪かった。

 とはいえ、投手陣で1年間ローテーションを守り切った経験があるのは岸と牧田、涌井だけ。前夜の試合後には「普通の投手だね」と手厳しい評価を下した指揮官だが、今後、シーズンを戦う上で涌井の力は不可欠だ。「これからを考えたら、やってもらわなきゃ困る。次に生かしてほしい」と指揮官は自覚を促した。

 ≪過去の主な選手遅刻≫

 ☆巨人・松井 94年9月15日のヤクルト戦の前に、多摩川の室内練習場での特打に45分遅刻。交通渋滞が理由も2日連続の遅刻だったため、罰金10万円が科せられた。

 ☆阪神・新庄 95年7月23日の鳴尾浜での2軍練習に1時間遅刻。藤田2軍監督から正座を命じられ、スパイクを履いたままファウルグラウンドで1時間、正座した。

 ☆日本ハム・中田 新人時代の08年4月17日の2軍練習に寝坊し、10分遅刻。1カ月の外出禁止令と罰金数万円が科された。

[ 2013年4月27日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ