PR:

済々黌55年ぶり春勝利 大竹が先制打&完封!ワンチャンスで常総破る

完封勝利の済々黌・大竹(中央)は笑顔で整列に向かう

第85回選抜高校野球2回戦 済々黌2―0常総学院
(3月26日 甲子園)
 第85回選抜高校野球は26日、2回戦が行われ、第2試合ではともに夏春連続出場の済々黌(熊本)と常総学院(茨城)が対戦。済々黌は4回に2点を入れ、エース大竹がこれを守りきり2―0で勝ち、優勝した1958年(昭33)以来、55年ぶりの勝利を挙げた。

 済々黌は4回、3番大竹の適時三塁打で先制、さらに暴投で1点を加えた。常総・飯田に11三振を奪われながらも、1度の好機をものにし、投げては大竹が粘り強い投球で常総打線を封じた。

 常総は済々黌の倍以上の9安打を放ちながら、再三の好機にあと1本が出なかった。

[ 2013年3月26日 14:25 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月23日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム