サブカテゴリー

PR:

大谷を守れ!外出制限令、2軍キャンプに警備員6人配備

大谷はファンの声援を受けながら勇翔寮へと戻る
大谷はファンの声援を受けながら勇翔寮へと戻る
Photo By スポニチ

 大谷に外出制限令が出された。日本ハムは25日、千葉県鎌ケ谷市の2軍施設でスタッフ会議を開き今春キャンプの1、2軍メンバー振り分けを決定。ドラフト1位・大谷翔平投手(18=花巻東)は2軍スタートが正式に決まった。栗山英樹監督(51)は二刀流を目指す黄金ルーキーに今後1年間の外出も制限するとともに、外食禁止も通達。野球漬けの生活を送らせるとともに、無用のトラブルから守っていく。

 黄金ルーキーに異例の通達が出された。栗山監督は「大谷に関しては外食は禁止します。外に出さない。出るときは俺に誰とどこに行くか説明してもらう」。日本ハムの高卒新人は春季キャンプ中の外食が禁止され、外出する場合はマネジャーへの連絡が必要。だが大谷の場合は、仮にコンビニまで雑誌を買いに行く時でも指揮官の許可が必要となり、期間も1年間と設定された。

 厳しいプロの世界で二刀流への挑戦は甘くはない。単純に考えても、2倍の練習量が必要となる。他の選手と同じように時間が空いたからといって、外出している余裕はないというのが指揮官の考えだ。大谷は「(投打の)どっちもやるので練習しないといけない。両方やる以上はしょうがない」と覚悟を決めた。休日は部屋で疲労回復に努めつつ「体力を使わなくても技術練習はできる」と工夫しながら、野球漬けの日々を送る覚悟だ。

 自由に外出することさえ許されない、厳しい通告は愛情の裏返しでもある。注目度が高いだけに、外出を認めればファンに囲まれる可能性が高い。どんな誘惑があるかも分からない。無用のトラブルを避ける狙いもあり、大谷も「出なければトラブルもないし、変なことも起こらない。逆に(外出を)制限された方がいいと思う部分もある」と話した。

 この日、沖縄県国頭村での2軍キャンプスタートが正式に決定。球団は過熱するフィーバーを考慮し、国頭キャンプ初となるガードマンを6人も配備。移動の際の動線を確保する新しい柵も用意するなど、グラウンドでも大谷をしっかりガードする。「2軍では異例だが、常に球団広報も2人配置する」と球団関係者。大谷を野球に専念させる環境は着々と整っている。

 ≪過去の大物新人異例アラカルト≫

 ☆98年高橋由(巨人) 新人合同自主トレでは専属ガードマン4人を緊急配備。4月2日の開幕戦では、中継局が23台の「高橋カメラ」を導入して一挙手一投足を追った。また、1年目での退寮も許可された。

 ☆99年松坂(西武) 2月の春季キャンプ目前には、広報から報道陣に対して異例の取材制限のお達し。キャンプ地には、前年の14倍となる1万1000人のファンが詰めかけた。公式戦登板試合では5試合で大入り袋が配られ、5月には球界初の球団公認の個人マネジャーが就任。

 ☆11年斎藤(日本ハム) 1月11日の入寮時には報道陣200人が集まり、そのもようを全国放送で生中継。また同16日の新入団歓迎式典を、NHKがヘリコプターを使用して中継した。連日押し掛けるファンの混乱を避けるため、斎藤は自ら外出を自粛。鎌ケ谷の「勇翔寮」はセキュリティーが強化された。

[ 2013年1月26日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

PR

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

人気ニュースランキング

    ※集計期間:

    » 続き

    【楽天】オススメアイテム
    クイックアクセス

    スコア速報

    特集

    選手名鑑

    オススメ

    スペシャルコンテンツ