サブカテゴリー

PR:

1軍抜てき藤浪は別格!2軍落ちなし、スロー調整徹底

ブルペンで投球する阪神・藤浪
ブルペンで投球する阪神・藤浪
Photo By スポニチ

 阪神は23日、兵庫県西宮市内の鳴尾浜球場でスタッフ会議を行い、ドラフト1位・藤浪晋太郎投手(18=大阪桐蔭)を沖縄・宜野座での1軍キャンプからスタートさせることを決めた。平成ではもちろん、1、2軍が国内キャンプとなった85年以降でも、高卒新人の1軍スタートは球団史上初の抜てきだ。

 1軍キャンプが正式に決定し、デビュー戦までの道筋も見えてきた。藤浪は「どこをアピールしたいというよりも、まずはキャンプの練習にしっかり付いていくこと。自分を磨くことを優先にしていきたい」と落ち着いた表情で前を見据えた。

 会議後、中西1軍投手コーチが藤浪育成法について言及した。沖縄で8試合予定される練習試合での登板は「今のところない」と否定。キャンプ中は2軍との入れ替えもあるが「(藤浪は)別格」と対象外とした。慎重にスロー調整で進めさせる一方で、同コーチは「初登板の実戦から逆算していく」と開幕ローテーションも計算している。

 有力視されるのは開幕6戦目、4月4日の中日戦(京セラドーム)。本拠地開幕となる3月6日、中日とのオープン戦(甲子園)で実戦初登板することが濃厚で、その後は中7、8日と間隔を空けながら開幕を目指していく。この日の藤浪は新人合同自主トレで6度目となるブルペン入り。「8割ぐらい。プロは年間通して(調整を)考えないといけないのでしっかりやっていきたい」。捕手を立たせて38球。右腕の振りも鋭くなってきた。 
 ▽阪神高卒新人のキャンプ1軍スタート 85年以降では初めて。阪神は80、81年に米アリゾナ州テンピ、83、84年に米ハワイ州マウイで海外キャンプを行っており、この間は1、2軍の振り分けが明確ではなかった。

[ 2013年1月24日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

PR

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

人気ニュースランキング

    ※集計期間:

    » 続き

    【楽天】オススメアイテム
    クイックアクセス

    スコア速報

    特集

    選手名鑑

    オススメ

    スペシャルコンテンツ