PR:

山本浩二監督 イチもダルも「是非来てほしい。大きな戦力」

 3連覇が懸かる来春の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表監督に元広島監督の山本浩二氏(65)の就任が10日、正式に決まった。過去2大会は現役監督が務めており、OBで臨むのは初。11月に行われる国際親善試合のキューバ戦から指揮を執る。背番号は88に決まった。

 コーチ陣も発表され、投手総合コーチに元西武監督の東尾修氏(62)、野手総合コーチに前日本ハム監督の梨田昌孝氏(59)、投手コーチには与田剛氏(46)、打撃コーチに立浪和義氏(43)、内野守備走塁コーチに高代延博氏(58)、外野守備走塁コーチに緒方耕一氏(44)が就任する。また、特別顧問として第1回大会監督の王貞治氏、シニアアドバイザーには第2回大会で監督を務めた巨人の原辰徳監督が就くことも決まった。

 今後は代表選手の選考が焦点となり、山本監督は米大リーグ、ヤンキースのイチローやレンジャーズのダルビッシュらメジャーでプレーする選手について「是非来てほしい。大きな戦力になるし、チームにもいい刺激になる」と参加を熱望した。

 また、山本監督は今季途中にレイズを戦力外となった松井について「実績を残した選手。動向は気にしている」と話した。ヤンキース時代にはワールドシリーズ制覇にも貢献し、経験豊富な38歳を監督も興味を持って見守っている。

[ 2012年10月10日 19:17 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月23日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム