サブカテゴリー

PR:

ダル 8回1失点 松坂超え16勝目!日本人1年目最多記録マーク

ア・リーグ  レンジャーズ3―1エンゼルス (9月20日  アナハイム)

米大リーグ 投ゴロ処理のダルビッシュ
エンゼルス戦の2回、捕手を制して投ゴロを処理するレンジャーズのダルビッシュ
Photo By 共同

 レンジャーズのダルビッシュが20日、アナハイムでのエンゼルスに先発し、8回4安打1失点、9三振1四球の好投で今季16勝目(9敗)を挙げた。ダルビッシュは07年の松坂(レッドソックス)を上回り、1年目の日本人投手としては最多勝を記録した。防御率は3・90。試合は3―1で勝った。

 1回、ダルビッシュは3人で終える上々の立ち上がり。直球で先頭のトラウトを左直に打ち取ると、続くハンターはカットボールで遊ゴロ。プホルスもカットボールで中飛に斬った。

 ダルビッシュは2回も完ぺきなピッチング。4番モラレスを変化球で簡単に追い込み、最後は67マイル(108キロ)のカーブで空振り三振斬り。カヤスポはカットボールで二飛、ケンドリックは初球でバント安打を狙ったが投ゴロに終わった。

 3回は先頭のアイバーに四球を与えると、イアンネタにこの試合初安打を許し、1死一、三塁のピンチ。しかしトラウトを高めの直球で空振り三振に斬り、スタートを切っていた一走も二盗失敗でダブルプレーとなった。

 4回は先頭のハンターをツーシームで見逃し三振、プホルスをスライダーで空振り三振斬り。モラレスは初球のカットボールで遊ゴロに打ち取った。

 ダルビッシュは5回も3人で終えた。カヤスポを初球のカットボールで三邪飛、ケンドリックをスライダーで空振り三振。アイバーもカットボールで一ゴロに抑えた。ダルビッシュは5回まで59球を投げて1安打無失点、5三振1四死球。

 6回、ダルビッシュはトランボ、イアンネタに連続安打を許し、無死一、三塁のピンチ。トラウトを直球で空振り三振に斬り、続くハンターもツーシームで遊ゴロに打ち取ったがダブルプレーはならず。三走が生還して同点に追いつかれた。それでもプホルスはカットボールで遊飛に打ち取り、勝ち越しは許さなかった。

 7回は1死からカヤスポにツーシームを左前に運ばれたが、続くケンドリックをスライダーで遊ゴロ併殺に斬った。

 8回は圧巻の三者連続三振。先頭のアイバーをスライダーで空振り三振に斬ると、ウェルズはカーブで見逃し三振、イアンネタはフルカウントからスライダーで空振り三振に斬った。

 ダルビッシュは8回を投げ終え、1―1の場面でマウンドを下りたが、直後の9回にベルトレが左翼席へ34号2ランを放って勝ち越し。ダルビッシュの力投に4番が応え、16勝目をプレゼントした。

[ 2012年9月21日 13:47 ]

Webtools & Bookmarks

PR

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

人気ニュースランキング

    ※集計期間:

    » 続き

    【楽天】オススメアイテム
    クイックアクセス

    スコア速報

    特集

    選手名鑑

    オススメ

    スペシャルコンテンツ