サブカテゴリー

PR:

青木 先頭弾に「勝敗を大きく左右したのかな」9月は半分以上が長打はなぜ?

ナ・リーグ  ブルワーズ3―1パイレーツ (9月19日  ピッツバーグ)

青木が先頭打者本塁打
パイレーツ戦の1回、右越えに先頭打者本塁打を放つブルワーズ・青木
Photo By 共同

 ブルワーズの青木は19日、ピッツバーグでのパイレーツ戦に「1番・右翼」で出場し、初回に先頭打者本塁打を放った。

 今季9号となる一発は、メジャーで自身初の先頭弾。「幸先よく点が入って、いい流れで試合を運べた。終わってみればロースコアだったので、勝敗を大きく左右したのかな」と笑顔が絶えなかった。

 9月はこれで23安打。うち半分以上の12本が長打と、打球の質も変わってきた。そこには青木なりの工夫がある。

 8月に入り、右手首だけにしていたテーピングを、左手首にも施すようにした。可動範囲が狭まる一方で、スイング時の衝撃に耐え、ボールの押し込みを強くできる。「こっちの投手は思ったよりも球が来る。常に何かを変えなきゃいけない」と青木。

 借金12から22勝6敗の快進撃で、貯金は今季最多の4となった。奇跡の逆転プレーオフへ。「プレーオフ争いしているのは、選手として幸せに思う」と充実感がみなぎっている。

[ 2012年9月20日 12:16 ]

Webtools & Bookmarks

PR

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

人気ニュースランキング

    ※集計期間:

    » 続き

    【楽天】オススメアイテム
    クイックアクセス

    スコア速報

    特集

    選手名鑑

    オススメ

    スペシャルコンテンツ