サブカテゴリー

PR:

引退勧告の日、意地のヒットも…金本「肩身が狭い」と引退決断

引退会見を終え南球団社長(左)から花束を受け取る阪神・金本
引退会見を終え南球団社長(左)から花束を受け取る阪神・金本
Photo By スポニチ

 阪神の金本知憲外野手(44)が12日、兵庫県西宮市内のホテルで記者会見し、今季限りでの現役引退を発表した。1492試合連続フルイニング出場の世界記録など、数々の金字塔を打ち立ててきた「鉄人」。しかし近年は右肩痛に苦しみ、会見では「この3年間はみじめというか、プロ入りして最初の3年と最後の3年はこんな苦しい人生があるのかと」と苦悩を明かした。

 今月2日、金本は甲子園球場のクラブハウス内で南社長と話し合いの場を持った。「進退について考えてみたらどうか?」と南社長。「王さん、長嶋さんに匹敵する存在だと認識している。来年については意思を最大限に尊重したい」と敬意を示しつつも、内容は事実上の「引退勧告」だった。

 金本はその日の広島戦から先発を外れたが、5回に代打で登場すると、前田健から同点の右前打。意地だった。会談以降の10日間、代打で4打数3安打の結果を残しながらも、自問自答する日々。そして、引退の決断を下した。会見では「限界かなという思いもあるし、若手に切り替わる中で、いい時のパフォーマンスが出せない自分がいるのも肩身が狭いというのもあった」と語った。

[ 2012年9月13日 08:08 ]

Webtools & Bookmarks

PR

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

人気ニュースランキング

    ※集計期間:

    » 続き

    【楽天】オススメアイテム
    クイックアクセス

    スコア速報

    特集

    選手名鑑

    オススメ

    スペシャルコンテンツ