PR:

高木監督終戦宣言「CSまでにちゃんとやればいい」

<中・神>3安打零封負けに渋い表情の高木監督

セ・リーグ 中日0-7阪神
(9月9日 ナゴヤD)
 終戦宣言した。プロ初登板の阪神・岩本を攻略できず、2試合連続の零封負け。見せ場すらつくれなかった中日の高木監督は今後はクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージに向けての調整を最優先にしていくことを明言した。

 「貧打これに極まれりやね。今で良かったよ。CSまでにちゃんとやればいいんだから。もうそれしかないでしょ」

 巨人が引き分け、ゲーム差は9・5。数字上はともかく、3連覇は絶望的な状況だ。この日は不振の荒木をスタメンから外し、捕手も第3捕手の前田を起用。ベテランを休ませながら、CSで戦力になるかどうかの当落選上の選手をテストするさい配にシフトし始めているのは明らかだった。

 とはいえ、この3連戦は3、4、3安打で合計わずか1得点。打てないのはこの日に始まったことではない。「CSからは今の打線じゃ到底勝ち抜けん。一にも二にも打たないことにはね」。ファーストSで対戦する可能性が高い広島、ヤクルトには大竹、館山らの苦手投手がいるだけに、厳しい戦いは必至。ファイナルSで巨人にリベンジするためにも、打線の立て直しは急務だ。

[ 2012年9月10日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月12日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム