PR:

青木、先制2点適時打!指揮官「非常に大きなプレー」

ツインズ戦の2回、右前に先制の2点適時打を放つブルワーズ・青木

インターリーグ ブルワーズ6-2ツインズ
(6月16日 ミネアポリス)
 ブルワーズ・青木の一打が味方のミスを帳消しにした。2回2死二、三塁。「直球が多く、変化球でストライクが入らない投手」のデータ通り直球系の外角ツーシームを狙い打ち。一、二塁間を破る先制の2点適時打となった。

 前の打者にスクイズのサインが出ていたが、走者が見逃して失敗。ロン・レネキー監督は「チャンスを無駄にした後、ノリがやってくれた。非常に大きなプレー」と称えた。

 初回にも中前打を放ち今月4度目、3試合ぶりのマルチ安打。無安打に終わった前日の借りを返し「悪かったところを次の日にしっかり修正して臨めている」と自信を深めた様子だった。

[ 2012年6月18日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月21日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム