サブカテゴリー

PR:

1965日ぶりの岡島 カーブ解禁日本仕様で3者凡退斬り

オープン戦  ソフトバンク3−0DeNA (3月13日  平塚)

<D・ソ>1イニングを3者凡退に抑えたソフトバンク・岡島
<D・ソ>1イニングを3者凡退に抑えたソフトバンク・岡島
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・岡島が、1965日ぶりに日本のマウンドに帰ってきた。日本ハム在籍時の06年10月26日の中日との日本シリーズ第5戦(札幌ドーム)以来の「日本再デビュー戦」に、「緊張しまくった」と照れ笑いを浮かべたが、6回から登板すると1回を内野ゴロ3つで片付けた。

 「不安いっぱいだったけど、いいスタートを切れてホッとしています」

 首を大きく傾けて、長い左腕を振り下ろす独特のフォームは変わらない。その一方で、日本で再び輝きを放つための策を講じている。6回2死。1ボール2ストライクから石川を二ゴロに打ち取った4球目は117キロの大きく縦に割れるカーブ。全12球中4球がカーブだった。「メジャーではボールが滑るので投げなかったけど、僕はカーブピッチャー。これが本来の姿ですよ」。直球、チェンジアップに加え、決め球の復活で投球幅は大きく広がった。

 また、メジャーでは「6足半」だったステップ幅を「6足」に半歩狭めた。「日本のマウンドは滑りやすい。その滑りを利用し投げようと思った」。踏み出した時の右足が、前方へずれる感覚を逆に利用。順応性の高さを感じさせた。

 ヤンキースとのマイナー契約が解除となった原因の左肩については「見ての通り問題ない」と話す。日米通算700試合登板の経験は、抑えの馬原が不在の救援陣にとって心強い存在となる。「足手まといにならないよう貢献していきたい」。足手まといなんてとんでもない。連続日本一を目指すチームにとって、欠かせないパーツとなりそうだ。

 ▼オリックス・依田栄二スコアラー もう少し、ブランクが影響するかと思ったけどね。これに細かいコントロールがついてくると、かなりの戦力になる。

 ▼楽天・山口哲治スコアラー 年輪を重ねたことでコントロールに不安がなくなった。あとはボールのスピードがどこまで出てくるか。注意して見ていきたい。 試合結果

[ 2012年3月14日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

PR

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

人気ニュースランキング

    ※集計期間:

    » 続き

    【楽天】オススメアイテム
    クイックアクセス

    スコア速報

    特集

    選手名鑑

    オススメ

    スペシャルコンテンツ