サブカテゴリー

PR:

マー君 新フォームはダル直伝 軸足の使い方を教わる

ダルビッシュ直伝の流れるようなフォームを見せた楽天・田中
ダルビッシュ直伝の流れるようなフォームを見せた楽天・田中
Photo By スポニチ

 ダル直伝の新フォームだ。楽天・田中が、キャンプ初日に自主トレ期間も含めて今年初めてブルペンに入った。

「今は自分の体重が一番うまく使えるところを探している。そんなに簡単にできるものじゃないけど、もう少し上のところ(レベル)でやらなければと思った」

 昨季は沢村賞、最多勝などタイトルを総なめにした右腕だが、「まだ完璧だとは思っていない」とさらなる進化を求めて、投球フォームの改良に着手した。きっかけは1月にレンジャーズに移籍が決まったダルビッシュとの宮崎県での合同練習。厳しい筋力トレーニングの指導を受けて肉体改造に取り組むと同時に、ボールにより力を伝える方法として軸足の使い方を教わったという。「あまり意識していなかった部分」と目からウロコ。以降はキャッチボールから意識して継続練習してきた。

 そして、この日のブルペンでも新フォームを試した。捕手を立たせたまま直球のみ54球。左足を上げてから軸足となる右足に体重をしっかり乗せつつ、投球動作は流れるようにフォロースルーへ続く。ダルビッシュのスムーズな体重移動をほうふつさせるフォーム。ブルペン後方で見守った三輪バッテリーコーチは「ちょっと沈んでいるようにも見える。一連の流れで投げようとしているのでは」と分析した。

 昨春キャンプでは体のバランス、制球を重視した「脱力投法」を習得。今回のフォーム改造着手は「より強い球を投げるため」が目的。そのためには、しっかり軸足に体重を乗せてボールに力を伝えることが必要なのだ。星野監督は田中のブルペン入り時は外国人選手の打撃練習を視察。「自分できちっとできる数少ない男。放っておけばいい」と全幅の信頼を置いた。

 「しっかり計画を立てて(新フォームを)試していきたい。周囲からは高いものを要求される。それを上回った部分を見せたい」。1月26日にタレントの里田まい(27)と結婚することを発表し、発奮材料には事欠かない。ダルビッシュから日本のエースの系譜はしっかり受け継がれている。

[ 2012年2月2日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

PR

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

人気ニュースランキング

    ※集計期間:

    » 続き

    【楽天】オススメアイテム
    クイックアクセス

    スコア速報

    特集

    選手名鑑

    オススメ

    スペシャルコンテンツ