PR:

ダルに大差!マー君ベストナイン初受賞で今季7冠

ベストナイン受賞会見する田中

 セ、パ両リーグは28日、今季のベストナインを発表し、19勝を挙げ最多勝、最優秀防御率などタイトルを総なめにした楽天・田中将大投手(23)が入団5年目にして初めて選出された。2位の日本ハム・ダルビッシュ有投手(25)に大差を付けての受賞。これで今オフの獲得タイトルは「7冠」となった。ヤクルト・宮本慎也内野手(41)がプロ17年目で初受賞。40歳11カ月(11月1日現在)での受賞はリーグ最年長記録となった。また、新人王は30日に、最優秀選手(MVP)はプロ野球コンベンションの行われる12月1日に発表される。

 田中の胸のうちには喜びよりも、早くも来季以降への自覚が芽生えていた。記者による投票で183対20。2位の日本ハム・ダルビッシュに大差をつけて選出された。今季のリーグ最高投手の評価。それでも表情を大きく崩すことはなかった。

 「ベストナインということで9人に選ばれてうれしいです。でも、まだ5年終わっただけ。また来シーズンも続けていい成績を残したい」

 また一つ勲章が加わった。最多勝、最優秀防御率、最高勝率の投手3冠に、投手最高栄誉の沢村賞を受賞。さらにゴールデングラブ賞、バッテリー賞に続き7つ目の戴冠だ。昨季までのプロ4年間で新人王以外のタイトルがなかった右腕は「そういった賞に縁がなかった。たくさんの賞をもらったので、今まで以上に頑張りたい」。シーズン終盤までダルビッシュとハイレベルなタイトル争いを展開。最後に競り勝った。シーズン5位と低迷する中、チーム唯一のベストナイン選出。「チームの順位が決まって、周囲からタイトルを期待する声をたくさん聞いた。今シーズンはいろいろあって、少しでも明るい話題をと思っていたのでよかった」と安どした。

 来年3月30日には、球団創設8年目で初の地元開幕戦(対ロッテ)を行う。既に星野監督からも開幕投手に指名されている田中は「やることは変わらないです」。表彰ラッシュのオフを経て、今季の唯一にして最大の心残りだったリーグ優勝へ。今度こそチームとして最高の栄誉を手にする。

[ 2011年11月29日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月16日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム