PR:

谷繁、最後まで安打出ず谷繁 シリーズ新記録に…

日本シリーズ第7戦 中日―ソフトバンク
(11月20日 ヤフーD)
 中日の谷繁のバットから最後まで快音が聞かれることはなかった。3打数3三振に終わり、初戦から23打数連続無安打。ソフトバンクの大石ヘッドコーチが近鉄時代の1989年にマークしたシリーズ記録の21を上回った。谷繁は「僕が打っていたら結果は変わったと思う」と悔しがった。

 クライマックスシリーズのファイナルステージでも無安打。強打の相手に正捕手としてリードで奮闘したが、打撃でチームに貢献することはできなかった。

[ 2011年11月20日 23:52 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月24日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム