PR:

来年2月「伝統の一戦」実現へ 沖縄キャンプで可能性大

 「伝統の一戦」が来年2月に早くも実現する可能性が出てきた。阪神はこれまで春季キャンプは1次キャンプを沖縄・宜野座、2次キャンプを高知・安芸としてきたが、来春から沖縄に一本化。和田監督は「練習試合、オープン戦を含めた対外試合は増えてくる。(キャンプの)後半に(実戦が)詰まってくる形にできればいい」とし、来春キャンプの青写真を描いている。

 同監督は「沖縄にはチームが集まっている。キャンプ中の練習試合やオープン戦だから、セ、パは関係ない」とした上で、2月中旬以降にキャンプ地を宮崎から沖縄に移す巨人についても「近くにいるわけだから、やりたい気持ちはある」と言及。例年は3月中旬のオープン戦で初顔合わせとなるが、その「伝統の一戦」が2月中に沖縄で実現する見込みだ。

 「監督が代わって新しいコーチも来て、選手は“真っ白な状態でもう一回、競争できる”と思っているはず」と指揮官。若手に課すチーム内競争の舞台が巨人戦なら一層の活性化が期待できる。

[ 2011年11月20日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月24日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム