PR:

中田 聖地・甲子園で“プロ初安打”も反省

<神・日>1回2死一塁、中田は左前打を放つ

交流戦 日本ハム1-2阪神

(6月15日 甲子園)
 大阪桐蔭時代に3度出場した甲子園で日本ハムの中田が「プロ初安打」をマークした。

 初回2死一塁でメッセンジャーの140キロ直球を詰まりながらも左前に運んだ。ただ、1点を追いかける8回は先頭で打席に入ったが、小林宏の前に3球三振。「あそこは初球から打ちにいかないと駄目」と高めに浮いたスライダーを簡単に見逃したことを猛省した。

 ▼日本ハム・小谷野(6回に代打で22日ぶりの実戦復帰。左太腿痛の不安を吹き飛ばすように試合終了までプレー)自然と力が入ります。(状態を)少しずつ上げていければ。

[ 2011年6月16日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:04月24日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム