PR:

原監督 逆転負け3連敗に激怒「総括なんてできないな」

<巨・ロ>9回2死二塁、伊志嶺に逆転本塁打を打たれたアルバラデホを尻目に、下を向く原監督

交流戦 巨人2-3ロッテ

(6月15日 東京D)
 土壇場で白星がするりと逃げた。9回2死からアルバラデホが伊志嶺に逆転2ランを被弾。試合後の会見室で、巨人の原監督は左手で机を叩き、声を荒らげた。「総括なんてできないな。質問して。3問!」。守護神の2夜連続救援失敗で天国から地獄に突き落とされた逆転負けにいら立ちを隠せなかった。

 得点はラミレスのソロ2発のみ。高橋由を体調不良で欠いた打線は5回以降、散発3安打無得点と最後まで火が付かなかった。「打線はそうね…ということです」と指揮官が厳しい表情で振り返れば、岡崎ヘッドコーチは「阿部もガッツ(小笠原)も上向いている。ただ岡田の好守もあったけど、もうちょっとね」と声のトーンは低かった。

 今季6度目の3連敗で、借金は08年以来の6に膨らんだ。東京ドームで15試合連続1桁安打は91年9月以来20年ぶりで球団ワーストタイ。負の流れを変えるためにも、打線の爆発が待たれる。

 ▼巨人・アルバラデホ(9回、伊志嶺にカーブを逆転2ランされ2敗目)もう少し低めに投げたかったけど、ワンバウンドはさせたくなかった。紙一重です。

 ▼巨人・小笠原(成瀬に4打数無安打で18打席連続無安打)みんなで耐えて協力してやっていく。それしかない。

[ 2011年6月16日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:04月26日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム