PR:

逃げ切りパターンが…落合監督「何が浅尾だ」

<日・中>8回途中で降板した吉見

交流戦 中日2-3日本ハム
(6月9日 札幌D)
 よもやの逆転負けのショックは大きかった。中日は7回を終えて2―0。得意の逃げ切りパターンのはずが8回1死。淡々とアウトを重ねてきた吉見が3連打で満塁として流れが変わった。

 2番手の浅尾は、糸井に甘く入ったフォークボールを中前に運ばれ同点とされて「あの1球だけ甘くなった。自分のせい」と責任をかぶった。さらに1死二、三塁から中田の詰まった打球は左翼への浅い飛球に。三塁走者の好スタートに加え、平田の返球も左にそれて勝ち越しを許した。「焦りはなかった」と平田は言うが、2―2で9回を迎えれば、勝負はわからなかった。

 競り勝つ流れから一転、白星を逃した中日・落合監督は、必勝パターンの投手をつぎこんでの逆転負けに「浅尾?何が浅尾だ。投手はよく投げていますよ」とだけ口にして足早に球場を後にした。

 ▼中日・吉見(7回まで無失点も8回途中3失点で2敗目)上を目指すなら、1人で投げきらないといけない。

[ 2011年6月10日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:02月22日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム