PR:

武田勝「今浪さんありがとうございます」

セパ交流戦 日本ハム1―0広島
(5月29日 札幌ドーム)
 悪い流れがようやく断ち切れた。登板した試合で5試合連続点を取ってもらえなかった、日本ハム・武田勝が貴重な1点を守り、7回まで広島を5安打無得点に抑え、4月21日以来の3勝目を挙げた。

 打線の援護がない時でも「自分の投球を貫き、自分を信じて投げた」。最大のピンチは5回の満塁。「胃に悪いです」と言いながらも、1番梵を捕ゴロに仕留め、先制点を許さなかった。

 好投していながら勝ち星が付かなくても黙々と投げる姿に応えたのが、前日に続いてスタメン出場の今浪。ピンチの直後の5回、均衡を破る中前適時打を放った。「勝さんの時に点が取れていないのは知っていたので、どんな形でもいいから点を取りたかった」と前田健から放った一打は今季初安打初打点となった。

 2人そろってのお立ち台。6歳年下の今浪に向かって武田勝は「今浪さんありがとうございます」と、礼を言うと、連日の1―0の勝利に札幌ドームは笑いの渦に包まれた。

 ▽梨田監督(今浪の適時打に)「サヨナラ安打みたいで、このまま試合が終わるかと思った。小さいのが大きな仕事をしてくれた」

 ▽日本ハム・吉井投手コーチ(武田勝に)「球界のエースになるために乗り越えなくてはいけない壁を一つ越えてくれた」

 ▽日本ハム・芝草投手コーチ(3投手に)「特別な試合だったと思う。ハートの強さを感じた投手陣だった」

 ▽武田久(12セーブ目)「僕も必死でした。(武田)勝に勝ちが付いて良かった」

[ 2011年5月29日 17:06 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月21日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム