PR:

横浜 11年ぶり開幕サヨナラ勝ち!

開幕戦を前に握手を交わす横浜の尾花監督(左)と中日の落合監督

セ・リーグ 横浜5―4中日
(4月12日 横浜)
 プロ野球のペナントレースが12日、開幕し横浜スタジアムでは横浜と中日が対戦し、横浜が9回、1死一、三塁から内藤のサヨナラ安打が飛び出し、5―4でサヨナラ勝ちを収めた。開幕の連敗を7でストップし、11年ぶりに開幕サヨナラ劇となった。

 横浜は初回、2死二塁から村田の中前適時打で1点を先制。2回も移籍の森本が中前打で出塁すると、7番吉村の左翼線二塁打で森本が生還、1死満塁で渡辺の三ゴロ併殺崩れの間にもう1点追加した。

 先発の山本は3回までパーフェクト投球だったが、2巡目の4回、3連打と和田の犠飛で1点を許すと、新外国人の5番グスマンに左越え逆転3点本塁打を浴びた。

 横浜は6回、村田の左中間二塁打で好機を作ると、1死三塁から森本の右犠飛で同点とし、9回のサヨナラにつなげた。

[ 2011年4月12日 16:07 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ