PR:

イチロー史上最高!義援金“イチ億円”で頑張れ日本

練習中笑顔をみせるイチロー

東日本大震災
 マリナーズのイチロー外野手(37)が18日、東日本大震災への義援金として1億円を日本赤十字社に寄付した。同選手の所属事務所が明らかにした。今回の震災では国内外の多数のプロスポーツ選手が義援金寄付を表明しているが、1億円は過去にも例がない日本人プロスポーツ選手史上最高額。今や日本にとどまらず、世界的プレーヤーとなったイチローが、被災者救援と被災地復興のために破格の金額の寄付を決断した。

 被災地で苦しむ人々のために、イチローが行動を起こした。これまでは、震災の詳細な状況が分かっていない段階でのコメントは差し控えてきた。日増しに大きくなる被害状況に対して、被災者のために何ができるか。熟慮の末に出した答えが、1億円もの義援金寄付。今季の年俸1700万ドル(約13億9400万円)を考慮しても、その額は破格だった。

 05年1月には、松井(現アスレチックス)がインドネシア・スマトラ沖地震の津波被害による復興支援のため、5000万円を寄付。17日には日本ハムのダルビッシュが今回の被災地に同額の5000万円を寄付すると発表した。その倍額の寄付金は、日本のプロスポーツ選手の義援金としては史上最高額だ。イチロー自身、オリックス時代の95年1月に神戸市西区の選手寮で阪神・淡路大震災に遭った。当時を振り返り「本当に命の危険を感じた」と語っているように、被災者の苦しみを知るからこそ、今回の寄付につながった。

 イチローは過去にもさまざまなチャリティー活動を行ってきた。これまでは、それを公表しない姿勢を取ってきたが、今回はあえて発表した。その経緯について、所属するマネジメント会社「バウ企画」の岡田良樹代表は「今回は例外的なケースです。日本の国そのものが大きな苦境に立たされているから」と説明した。

 未曽有の大震災だけに兆単位の被害額になるのは確実で、一個人としての寄付には限界がある。だからこそ自分自身が精いっぱいの行動を起こし、それに続く野球選手、プロスポーツ選手、ひいては日本、世界の人々に救済の輪を広げたい――。あらゆる枠を超えて復興支援を、とのイチローの強いメッセージと言えた。

 この日はオープン戦に出場せず午後に軽めの練習を行った。練習後にファンのサインの求めに応じる姿は普段と変わりなかった。その口数は決して多くないが、日本人報道陣には「大丈夫ですか」と声を掛けて案じている。あえて公にした1億円の寄付。そこにはイチローの、被災地を思う気持ちが込められている。

≪イチローの主な社会貢献活動≫

 ★寄付 オリックス入団時の92年に、契約金から100万円を神戸市に寄付。98年に阪神・淡路大震災からの復興へ兵庫県に1000万円、出身地の愛知県にも社会福祉のため同額を寄付。
 ★年間席 96年からグリーンスタジアム神戸の年間席を購入し阪神・淡路大震災で被災した野球少年を招待。地元であるナゴヤドームでも招待用の年間席を購入した。
 ★慰問 99年の台湾大地震後にチームのチャリティー慰問に同行。左手首骨折からのリハビリ中ながら親善試合に出場。
 ★寄贈 00年9月に集中豪雨による水害に見舞われた愛知県へ、救援物資として衣類など1300万円相当を寄贈した。
 ★ふるさと納税 今年2月に鳥インフルエンザや新燃岳火山噴火などで苦しむ宮崎県に、ふるさと納税制度を利用して1000万円を寄付。

[ 2011年3月19日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月22日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム